2020年 10月 23日 (金)

水泳「金」金藤理絵が澤穂希そっくり 表彰台写真が「瓜二つ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎ決勝で金藤理絵選手(27)が金メダルを獲得した。この種目を日本人が制したのは、1992年バルセロナ五輪の岩崎恭子さん以来、24年ぶりだ。

   2016年8月11日(日本時間12日)、メダル獲得を金藤選手が決め、表彰台に上がると、ツイッターでは賛辞だけでなく、元女子サッカー選手の澤穂希さんに「そっくり。かなり」といった指摘が相次いだ。

  • 金メダルを片手に笑顔を見せる金藤選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    金メダルを片手に笑顔を見せる金藤選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 元女子サッカー代表の澤穂希さん。16年7月19日、第1子を身ごもったと発表した。(14年6月撮影)
    元女子サッカー代表の澤穂希さん。16年7月19日、第1子を身ごもったと発表した。(14年6月撮影)
  • 金メダルを片手に笑顔を見せる金藤選手(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • 元女子サッカー代表の澤穂希さん。16年7月19日、第1子を身ごもったと発表した。(14年6月撮影)

欲しかった「金メダル」

   金藤選手は、初めて出場した2008年の北京五輪で7位入賞を果たした。翌2012年ロンドン五輪には出られず、一時は引退するか真剣に悩んだ。だが今(16)年4月の日本選手権で、2分19秒65の日本新記録で優勝した。リオ五輪の目標を聞かれると、「世界新の2分18秒台を出して、金メダルが欲しいです」と答えていた。

   全体2位の2分22秒11で、準決勝を通過。決勝では100メートルを2位で折り返すと、150メートルの時点で首位に立ち、そのままリードを守った。試合後には記者からの質問に対し、「信じられない。色んな8年間だったが、加藤コーチや仲間、家族、コーチの家族に応援してもらったからこそ頂点を目指してやってこれたと思う」と胸の内を明かした。

   金メダルという最高の結果を出したことに対し、元水泳選手の先輩らから祝福の声が寄せられた。04年アテネ、08年北京五輪で男子平泳ぎ2種目制覇を成し遂げた北島康介さんは

「金藤さんおめでとう!!感動!!」

とツイッターに投稿。2000年シドニー五輪で女子200メートル背泳ぎ4位だった萩原智子さんは、

「我慢して、我慢して。耐えて、耐えて。努力して掴み取った金メダル。本当におめでとう」。

   また、08年北京五輪の女子100メートル背泳ぎ8位、伊藤華英さんもツイッターで、

「日本競泳チームに、Olympic champion が2人になりました コーチを信じる気持ち。エモーショナルスピーチに感動しました。理絵おめでとう。尊敬します」

と称賛した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中