2019年 11月 19日 (火)

「アルコール製剤は無害」って本当? 鳥貴族「チューハイ誤入」でわかったこと

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   居酒屋チェーン大手の鳥貴族が、チューハイ用の焼酎と間違って食品添加物アルコール製剤を使用し、計151杯を客に提供していたとして2016年8月15日に謝罪した。

   食品添加物アルコール製剤というのは調理器具の洗浄に使ったり、食品に混ぜて消毒や鮮度を保ったりするもので、人体への安全性は高い。ネット上では「消毒液を飲ませた」などといった誤解が生まれ鳥貴族に対する批判が高まる一方で、原材料がサトウキビから精製されたエタノールであり、ラム酒や黒糖焼酎を連想させるため「いつものチューハイより美味かった?」などといった声も出ている。

  • 鳥貴族は8月16日に「お詫びとお知らせ」をHPに掲載した
    鳥貴族は8月16日に「お詫びとお知らせ」をHPに掲載した

「消毒液を飲ませた」「工業用アルコールだった」との誤解も

   J-CASTニュースが16年8月16日に鳥貴族に取材したところ、焼酎と間違って食品添加物アルコール製剤を使ってチューハイを出してしまったのは直営店の「鳥貴族 南柏店」(千葉県柏市)。焼酎もアルコール製剤も似たような形の20リットルのポリエチレン容器に入っていて、通常ならば外枠の段ボールに間違えないように名前が書かれているのだが、なぜか段ボールが外れていたため、店員が間違ってドリンクサーバーに接続してしまった。提供したのは16年7月19日から23日までの5日間の151杯。いつもより泡立ちが多いと感じたが、サーバーの不調と思ってしまった。客からは数件、

「少し味がおかしいんじゃないか?」

という申し出があったものの、「誤差の範囲」と考えた。サーバーのメンテナンスによって今回の件が発覚したという。同社が使っている食品添加物アルコール製剤はサトウキビから精製されたエタノールを原料としていて、添加しているのも食品添加物のみ。食品に対しても使用可能なため、人体への影響がない事を確認している。同社では手指消毒に使用しているという。同社広報は、

「このような事が起きないよう、周知と管理の徹底、容器を変えるなどを行います。お騒がせして心からお詫び申し上げます」

と謝罪した。

   ネット上では初め、「消毒液を飲ませた」「工業用アルコールだった」などといった誤解が広がり鳥貴族に対する批判が噴出した。その一方で、原材料がサトウキビであり、食品にも使われているため騒ぎすぎだという声も大きくなった。また、サトウキビを使ったお酒といえばラム酒や黒糖焼酎を連想させる。客から苦情のようなものは無かったようだから、「実は美味かったのではないか」などといったうがった意見も出てきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中