バドミントン日本勢対決、奥原が勝利 男女通じ初のベスト4入り

印刷

   リオデジャネイロ五輪12日目の2016年8月16日(日本時間17日)、バドミントン女子シングルスの準々決勝で奥原希望(のぞみ)選手(日本ユニシス)が山口茜選手(再春館製薬所)との日本人対決を制した。日本代表がシングルスの4強入りを決めたのは、男女を通じて初めて。

   世界ランキング12位の山口選手に対し、6位の奥原選手は第1ゲームを11‐21で落としたが、第2ゲームを21‐17で取り返した。勝負を決める第3ゲームを21‐10で制し、準決勝進出を決めた。18日朝(日本時間夜)の準決勝では、世界ランキング10位のシンデュ選手(インド)と対戦する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中