2018年 7月 19日 (木)

レスリング女子トリプル金メダル 伊調4連覇、登坂・土性は初五輪制す  

印刷

   リオデジャネイロ五輪レスリング女子フリースタイルは3階級が2016年8月17日深夜から18日早朝(日本時間)にかけて行われ、58キロ級の伊調馨、48キロ級の登坂(とうさか)絵莉、69キロ級の土性(どしょう)沙羅の日本人3選手がいずれも金メダルを獲得した。

   伊調は五輪4連覇。個人種目の五輪4連覇は過去、男子選手4人が成し遂げているが、女子では史上初の快挙となった。世界選手権3連覇中の登坂は初の五輪で優勝。吉田沙保里の父・栄勝氏のレスリング教室で競技を始めた土性も、初出場の五輪を制した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中