レスリング女子トリプル金メダル 伊調4連覇、登坂・土性は初五輪制す  

印刷

   リオデジャネイロ五輪レスリング女子フリースタイルは3階級が2016年8月17日深夜から18日早朝(日本時間)にかけて行われ、58キロ級の伊調馨、48キロ級の登坂(とうさか)絵莉、69キロ級の土性(どしょう)沙羅の日本人3選手がいずれも金メダルを獲得した。

   伊調は五輪4連覇。個人種目の五輪4連覇は過去、男子選手4人が成し遂げているが、女子では史上初の快挙となった。世界選手権3連覇中の登坂は初の五輪で優勝。吉田沙保里の父・栄勝氏のレスリング教室で競技を始めた土性も、初出場の五輪を制した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中