2018年 7月 19日 (木)

フジ「Mr.サンデー」、BPOで審理入り 舛添要一前都知事側が申し立て

印刷

   舛添要一前東京都知事の政治資金問題を取り上げたフジテレビの情報番組「Mr.サンデー」について、放送倫理・番組向上機構(BPO)は2016年8月17日、放送人権委員会で16日付で審理入りを決めたと発表した。

   番組では、5月22日の放送で、舛添氏の妻の雅美さんが「いくらなんでも失礼です」と自宅前で発言した映像を流した。これに対し、雅美さんらは、未成年の長女と長男にもカメラを向けられたとして、「2人は執拗な撮影行為で衝撃を受け、トラウマになった」と人権侵害を申し立てていた。

   一方、フジテレビがBPOに送った書面では、取材の目的は雅美さんに質問することにあったとして、

   「取材スタッフには長男、長女を撮影するという意図は全くなく、2人に対する執拗な撮影行為など一切行っていない」と主張している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中