2018年 11月 19日 (月)

「頼むからレスリングを実況してくれ」! 日テレ・河村アナ「ポエム中継」に批判殺到

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「頼むからレスリングを実況してくれ」「なんで一人でずっとポエム語ってんの」――。

   2016年8月19日早朝(日本時間)に行われた、リオ五輪レスリング女子53キロ級決勝。「絶対女王」吉田沙保里選手の「まさかの敗戦」に驚きが広がる一方で、テレビ中継を見ていたネットユーザーからは「実況がひどすぎる」とのバッシングが相次いでいた。

  • 河村アナの「ポエム中継」に「実況しろよ」の声(画像は日本テレビ公式サイトより)
    河村アナの「ポエム中継」に「実況しろよ」の声(画像は日本テレビ公式サイトより)

「私にとって3歳から磨いてきたレスリング」

   「今!目の前で!!起こっている事を!!!実況しろよ!!!!」。こんな怒りの声が視聴者から出るほどの「迷実況」とは、いったいどんな内容だったのか。

   吉田選手の試合を実況していたのは、日本テレビの河村亮アナウンサー(49)。女子レスリング決勝は日テレとNHK BS1の2局が放送していたが、試合の実況は日テレの制作で、どちらでも河村アナの実況が流れた。

   実際の中継を見ると、14年に亡くなるまで吉田選手のコーチをつとめていた父・栄勝さんの話題が6分間の試合中に「何度も」出てくるなど、全体的に「感動エピソード」を重視した実況が展開されていた。河村アナは試合が始まるやいなや、

「はたして父とともに戦う6分間になるんでしょうか・・・力は2倍になるか!」

と声を張り上げる。吉田選手が攻勢にかかれば「タックル!攻めのタックル!これは父栄勝さんが教え込みました」「父親に教え込まれたタックルでいくか!」などと絶叫。こうしたエピソードを話していたばかりに、試合の動きを伝えることがおろそかになる場面もあった。

   さらには、吉田選手になりきる形で、

「私にとって3歳から磨いてきたレスリング、タックルは父から、本当に教え込まれた...」

などと情感たっぷりに語るシーンすらあった。

   試合終了後も、その勢いは止まらず、「栄勝さんに勝利を報告したかったその気持ち!」と繰り返し父親の話題に言及。試合後のインタビューで涙が止まらない吉田選手の姿には、「できれば吉田に、嬉し涙を流させてあげたかった!」と口にしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中