2018年 8月 15日 (水)

「頼むからレスリングを実況してくれ」! 日テレ・河村アナ「ポエム中継」に批判殺到

印刷

   「頼むからレスリングを実況してくれ」「なんで一人でずっとポエム語ってんの」――。

   2016年8月19日早朝(日本時間)に行われた、リオ五輪レスリング女子53キロ級決勝。「絶対女王」吉田沙保里選手の「まさかの敗戦」に驚きが広がる一方で、テレビ中継を見ていたネットユーザーからは「実況がひどすぎる」とのバッシングが相次いでいた。

  • 河村アナの「ポエム中継」に「実況しろよ」の声(画像は日本テレビ公式サイトより)
    河村アナの「ポエム中継」に「実況しろよ」の声(画像は日本テレビ公式サイトより)

「私にとって3歳から磨いてきたレスリング」

   「今!目の前で!!起こっている事を!!!実況しろよ!!!!」。こんな怒りの声が視聴者から出るほどの「迷実況」とは、いったいどんな内容だったのか。

   吉田選手の試合を実況していたのは、日本テレビの河村亮アナウンサー(49)。女子レスリング決勝は日テレとNHK BS1の2局が放送していたが、試合の実況は日テレの制作で、どちらでも河村アナの実況が流れた。

   実際の中継を見ると、14年に亡くなるまで吉田選手のコーチをつとめていた父・栄勝さんの話題が6分間の試合中に「何度も」出てくるなど、全体的に「感動エピソード」を重視した実況が展開されていた。河村アナは試合が始まるやいなや、

「はたして父とともに戦う6分間になるんでしょうか・・・力は2倍になるか!」

と声を張り上げる。吉田選手が攻勢にかかれば「タックル!攻めのタックル!これは父栄勝さんが教え込みました」「父親に教え込まれたタックルでいくか!」などと絶叫。こうしたエピソードを話していたばかりに、試合の動きを伝えることがおろそかになる場面もあった。

   さらには、吉田選手になりきる形で、

「私にとって3歳から磨いてきたレスリング、タックルは父から、本当に教え込まれた...」

などと情感たっぷりに語るシーンすらあった。

   試合終了後も、その勢いは止まらず、「栄勝さんに勝利を報告したかったその気持ち!」と繰り返し父親の話題に言及。試合後のインタビューで涙が止まらない吉田選手の姿には、「できれば吉田に、嬉し涙を流させてあげたかった!」と口にしていた。

「スポーツ実況じゃなく、感動押し売りバラエティ」

   こうした実況に、吉田選手の試合を楽しみにしていたネットユーザーの一部からは、「実況がひどすぎる」と激しい批判が集まることになった。ツイッターなどには、

「お前は吉田の気持ちを代弁しなくていい、実況だけしてろ」
「スポーツ実況じゃなく演歌の花道聞いてるみたいだ。マジでやめてくれ」
「これはスポーツ実況じゃなく、感動押し売りバラエティかしら?」

といった怒りの声が殺到。なかには、「レスリング史上最悪の実況かもしれません」と手厳しい言葉を送るユーザーも出ていた。

   河村アナは、入社25年のベテランで、主にスポーツ中継を担当。プロ野球・巨人戦や箱根駅伝の実況も任されており、同局の「看板アナ」の1人として知られる。

   これまでも、その「アクの強い」実況スタイルが野球や駅伝ファンの間で賛否を呼んでいた。今回、国民的関心を集めた吉田選手の試合を「いつも通りの調子」で実況したことで、激しいバッシングを招くことになってしまったようだ。

   そのため、河村アナの実況スタイルをもともと知っていた人からは、「野球とか箱根駅伝ではいいかもしれないけど、レスリングの実況だと...」「さすがに6分動きがあり続けるスポーツで試合中ポエムはあかん」といった声も漏れていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中