2018年 12月 15日 (土)

レスリング・吉田の号泣にミッツが「異論」 「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   リオデジャネイロ五輪のレスリング53キロ級決勝戦で敗れ、惜しくもオリンピック4連覇に届かなかった吉田沙保里選手。試合後のインタビューでは号泣しながら、「ごめんなさい」を繰り返した。

   試合の行方を見守っていた多くの人々から「自分を責めて苦しまないでほしい」「胸をはって帰ってきてほしい」と温かい言葉が寄せられた。そんな中、テレビ番組のあるコメンテーターが言い放った「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった」という「辛口」コメントが、話題を集めている。

  • この号泣に「異議あり」(写真:Enrico Calderoni/アフロスポーツ)
    この号泣に「異議あり」(写真:Enrico Calderoni/アフロスポーツ)

中尾ミエは「もう涙は似合わないし、見せて欲しくない」

   「しらける」発言が飛び出したのは、2016年8月19日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)。

   番組中で吉田選手の試合映像が流れると、まず、キャスターのふかわりょうさんが「(「ごめんなさい」という)言葉の裏にはいろんな思いが...」と吉田選手の心情を察するように語った。

   しかし、これに対し、コメンテーターでタレントのミッツ・マングローブさんが「ふかわさんって心の綺麗な方なのね」と返し、「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった」と振り返った。ただ、「しらけた」詳しい理由について、ミッツさんは明かしていない。

   また、番組で共演した歌手・女優の中尾ミエさんも「やることはすべてやったんだし。本当に悔しいと思うなら、まだやればいいし、もう無理と思ったら潔くやめればいいんだし」「もう涙は似合わないし、見せて欲しくない」とやや「辛口」に、さばさばと語った。

   吉田選手の号泣インタビューに関しては、ツイッター上で

「よくやった、お疲れ様」
「自分を責めて苦しまないでほしい」
「胸をはって帰ってきてほしい」

といった好意的な声が多く、ミッツさんの「しらける」発言には

「ちょっと違うんじゃないか」
「シラケたコメント」

などと疑問の声が寄せられている。

(8月20日23時追記)

   ミッツさんは20日、「ひねくれ者の失態です」と題してブログを更新。

「これは、非難されてしかるべき発言だと思います。申し訳ありませんでした。誤解を生む・生まないとか、真意として、何に対して『シラけた』かを弁解する以前に、表現が稚拙で、無粋で、失礼です」

などと発言を陳謝している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中