2018年 12月 15日 (土)

東京五輪プレゼン ネットで好評「もう一つの理由」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   リオデジャネイロ五輪の閉会式で披露された日本のプレゼンテーションが反響を呼んでいる。日本を代表するキャラクターの起用や、AR(拡張現実)などの最新技術を駆使した演出が「かっこよかった」「クールジャパンを体現している」と好評を得ているのだ。

   一方で、2020年東京五輪の開会式・閉会式をめぐり、インターネット上では人選や演出を不安視する声が相次いでいたが、今回の閉会式から4年後の開会式を予想して、ネット上では一転「4年後が楽しみになった」といった声が目立つようにもなった。その理由とは。

  • リオ五輪閉会式でみせた日本のプレゼンテーションの様子(写真:中西祐介/アフロスポーツ)
    リオ五輪閉会式でみせた日本のプレゼンテーションの様子(写真:中西祐介/アフロスポーツ)

アニメとARを駆使した8分間の演出

   リオ五輪最終日の2016年8月21日(日本時間22日)、マラカナン競技場で閉会式が開催された。その中で「フラッグハンドオーバーセレモニー」が行われ、着物姿の小池百合子都知事が2020年東京五輪へ五輪旗を引き継いだ。

   その後、東京・日本を全世界に紹介する約8分間のプレゼンテーションがスタート。「君が代」の斉唱をバックに大きな日の丸がフィールド中央に出現し、世界への「ありがとう」のメッセージが浮かんだ。

   スクリーンには映像が映し出され、4年後の活躍が期待される日本の若手アスリートが東京各地の風景を背に次々と登場する。日の丸を象徴する赤いボールをリレーするシーンでは、ハローキティやドラえもん、キャプテン翼、パックマンなど日本の人気キャラクターたちの姿もみられた。

   リレー終盤、ドラえもんがポケットからヒミツの道具「土管」を取り出すと、東京とリオをつなぐ最短ルートが完成。安倍晋三首相扮するスーパーマリオが土管をくぐり、会場中央に設置された土管からボールを持って出てくるユニークな演出は会場を大いに沸かせた。

   後半では、50人のダンサーが最新テクノロジーと融合した美しいパフォーマンスをみせた。東京五輪で実施予定の33競技を表現したアニメーションが空から舞い降りるAR(拡張現実)の演出や、ダンサーたちの持つ光のフレームが巨大な市松模様の五輪エンブレムを形づくる演出は観客の目をひきつけた。

開会式「総合演出家」は未発表

   閉会式でのパフォーマンスは日本のネットユーザーにもおおむね受け入れられたようだ。放送直後からネット上では、

「まさにクールジャパンでとてもよかった!」
「日本の文化は世界に発信できる素晴らしい誇りだなぁと実感」
「制作に関わってる方々の豪華さよ...!」
「ダサい出来になるのかもなんて思ってた自分、謝ります」

といった絶賛コメントが相次いだ。

   セレモニー全体のクリエイティブ・スーパーバイザーを務めたのは、日本の代表的クリエイティブ・ディレクターである佐々木宏さんと、歌手の椎名林檎さんだ。椎名さんは音楽監督も務めた。また、総合演出・演舞振付には「Perfume」「BABYMETAL」の振付でもおなじみのMIKIKOさんが、クリエイティブ・ディレクターにはテクノロジーとメディア表現の分野で活躍する菅野薫さんが名を連ねた。

   東京五輪の開催が決定して以降、ネット上では開会式・閉会式の人選や演出をめぐってネガティブな意見が飛び交っていた。特に音楽に関しては「AKB48」「ジャニーズ」「EXILE」の3大勢力を中心に起用されるのではないか...との見方も広がり、これに反発する声がネット上では目立っていた。

   だが今回BGMとして流れた音楽は、椎名さん作曲の「ちちんぷいぷい」「望遠鏡の外の景色」や、「Perfume」「きゃりーぱみゅぱみゅ」のプロデュースで知られる中田ヤスタカさんの「1620」、ピアニストH ZETT Mさん作曲の「Neo Japanesque」などで、モダンな東京を印象付けた。

   そのため「AKBだのジャニーズだのが使われるとか危惧してたけど安心した」「EXILE系とかAKBとかジャニーズとか居なくてほんっとにほんっとにホッとしてる」「東京オリンピック開会式も椎名林檎さんでお願いしますッ!!!」といった声と同時に、4年後に期待を込めるコメントがいくつも投稿された。

   ただ、椎名さんら4人はあくまでリオでの閉会式における「フラッグハンドオーバーセレモニー」のためのメンバーだ。東京五輪の開会式・閉会式は別であり、総合演出家をはじめとするメンバーは未だ発表されていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中