2018年 11月 21日 (水)

がん発覚から3週間で死去 「なんたって18歳!」の十勝花子さん

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優の十勝花子(本名:加藤恵子)さんが2016年8月21日、大腸がんにより死去した。70歳だった。

   十勝さんの長女が投稿したフェイスブックによると、がん発覚は7月末。わずか3週間での死去となった。

  • フェイスブックには笑顔の写真が
    フェイスブックには笑顔の写真が

長女「『いつも元気な十勝花子』のままでいさせててください」

   十勝さんは1946年、北海道で生まれた。66年に歌手デビューし、俳優としても活動。71年放送開始のドラマ「なんたって18歳!」(TBS系)では、岡崎友紀さん演じる主人公をいじめる先輩を演じ、その知名度を高めた。また、浅香光代さんと野村沙知代さんによる「ミッチー・サッチー騒動」(99年)では、浅香さんを擁護するなど、ワイドショーなどでも活躍した。

   十勝さんのフェイスブックには16年8月24日、長女による訃報が投稿された。それによると7月末にステージ4の大腸がんが発覚。すでに手術ができないほど転移していた。治療しなければ余命6か月と宣告され、抗がん剤投与を始めた矢先の死去。すでに24日、家族のみの密葬を行ったという。

「皆様の記憶の中には、『いつも元気な十勝花子』のままでいさせててください」(フェイスブック投稿より)

   ツイッターには、ファンからの驚きの声や、追悼が投稿されている。

「ええっ!?十勝花子さんが?!」
「若すぎる。癌が見つかってから、わずか3週間。ご冥福をお祈り申しあげます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中