2018年 11月 16日 (金)

不倫男ほど妻を大切にするってホント?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ゲスの極み乙女」川谷絵音妻、金子恵美衆院議員、三遊亭円楽妻、小倉優子さん、ファンキー加藤妻、高島礼子さん......。今年も多くの妻たちが夫の不倫に泣かされた。しかし、不倫が発覚するのは氷山のほんの一角。

   大多数の不倫は気づかれないまま進行し、夫婦円満の生活が続いている。それはなぜか。実は、「不倫男」ほど妻を大切にするからだ。そんな不倫夫の心の奥底に迫った珍しい研究を紹介しよう。

  • 旦那の過剰なプレゼントには裏がある、かも(イラスト・サカタルージ)
    旦那の過剰なプレゼントには裏がある、かも(イラスト・サカタルージ)

「愛しているよ」と毎日妻にいうマメな不倫夫

   研究をまとめたのは、立命館大学大学院先端総合学術研究科の研究者だった松本健輔氏(現在:夫婦カウンセリング「ハミングバード」代表)だ。2010年に同大の学術誌『立命館人間科学研究 第21号』に「婚外恋愛継続時における男性の恋愛関係安定化意味づけ作業」という長いタイトルの論文を発表した。

   ざっくりいうと、妻に内緒で不倫をする男は何を考えているのか、また、なぜバレずに(たとえバレても)夫婦関係がうまくいっているのかを心理学的に考察した論文だ。タイトルにある「意味づけ作業」とは、不倫をどういう言い訳やストーリーを作って自己弁護し、罪悪感から逃れているか調べたもの。あくまで心理学研究なので、「不倫」「浮気」といった「社会悪」と決めつける言葉は使わず、「婚外恋愛」という中立的な表現を用いている。

   論文は冒頭、女性誌「婦人公論」の調査を引用、「日本人既婚男性の婚外恋愛経験者は50.8%」という衝撃的な数字を紹介する。一方、離婚に関する司法統計では「異性関係」は原因の4番目にすぎず、「婚外恋愛をしながら妻に離婚届を出されない男性がかなりの数存在する」と指摘する。彼らがどのように「夫婦の危機」を乗り切っているのか、その内面に迫るのが論文の醍醐味だ。

   松本氏は、知人の紹介で現在婚外恋愛中の男性10人のインタビューに成功した。その中から特に次の4つの条件を満たす男性6人を研究対象に選んだ。

(1)夫婦関係に不満がない。
(2)夫婦の仲が良い。
(3)妻への愛情を持っている。
(4)婚外恋愛の相手と真剣に付き合っている。

   おいおい、待ってくれ、そんなムシのいいことできるオトコがいるのかと思わず興奮したアナタ、実際にいるのだ。彼ら6人の概略を紹介すると――。

(1)年齢:29~46歳。全員初婚。子どもの有無:4人に子どもがいる。
(2)婚外恋愛の相手:それぞれ1人ずつ。
(3)婚外恋愛の期間:1~5年、6人中4人が4年以上続いている。婚外恋愛の経験回数:6人中5人が2回以上、1人が1回だけ。
(4)妻との現在の性生活:5人があり、1人がない。

   6人に共通しているのは、妻に対する愛情表現が日頃から豊かなことだ。「日常生活の家事を協力する」「記念日はかならずサプライズをする」「毎日、『愛している』と言う」などなど、並みの男性以上に細やかでマメだ。それなのに、なぜ婚外恋愛を始めたのだろうか。いや、マメだから始めるというべきか。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中