2018年 10月 17日 (水)

離れた血縁関係も高精度でDNA鑑定 京大チームが開発

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   離れた血縁関係でも高精度で判定できるDNA鑑定法を開発したと、京都大学の玉木敬二教授(法医学)らの研究チームがこのほど発表した。震災での身元確認などに応用できると期待されている。

   これまでの方法では、DNA の配列を15か所で調べ、親子や兄弟姉妹までは高精度で判定できた。これに対し、研究チームでは、配列を17万か所にまで増やし、精度を高めた。3日間で結果が出て、費用は1回1万円ほどで済むという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...