2018年 9月 19日 (水)

全日空、B787のエンジンに不具合 9月末までに300便超が欠航

印刷

   全日本空輸(ANA)は、米ボーイングの最新鋭機「B787」に搭載している英ロールス・ロイス社製のエンジンに不具合が発覚、集中的に改修するため2016年8月26日から国内線の一部を長期間欠航すると、25日に発表した。

   エンジン内部にメーカーの想定よりも耐久性が低い部品があったという。26日に羽田‐福岡など合計9便を欠航。少なくとも9月末までに300便を超える国内線が欠航する見通し。国際線の運航には影響はないとしている。

   全日空はこの欠陥を16年3月ごろに把握。改修をはじめていたが、約5か月間公表していなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中