MRJ、2日連続で米国行き中止 空調トラブルで引き返す

印刷

   三菱航空機が開発を進めている国産初のジェット旅客機「MRJ」が2016年8月28日、性能試験のため愛知県営名古屋空港からアメリカに向けて飛び立ったものの、空調システムの不具合のため、空港に引き返すトラブルがあった。27日にも同様の不具合でUターンしている。

   三菱航空機では、「飛行の再開は、点検結果を見て判断して参ります」との声明を発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中