2018年 5月 22日 (火)

両足マヒの少年が「富士登山」 「24時間テレビ」に「虐待」指摘相次ぐ

印刷

   2016年8月27日、28日に放送された「24時間テレビ」のワンシーンが、ネットで物議を醸している。

   問題視されたのは、事故で両足が不自由になった少年が富士登山に挑戦する、というコーナー。企画の内容もさることながら、無事登頂した少年が疲労困ぱいした様子を見せたためか、「どうみても虐待」との指摘が上がっている。

  • これは「虐待」か
    これは「虐待」か

スタジオから「達成感はないの?」

   問題のシーンは、28日16時ごろに放送された。大事故で一時は下半身不随になったものの、懸命なリハビリを続けて歩けるようになった12歳の少年が富士登山に挑戦した。コーナー名は「両足マヒになんて負けない! 少年と家族が挑む富士登山」だ。

   悪天候の中、少年は雨に打たれながらも無事登頂した。しかし、登り切ってもなお笑顔を見せることはなかった。一緒に登っていた父親と母親が背後で感極まって涙を流す中、「頂上登ってみてどう?」「達成感はないの?」といったスタジオ側の質問に真顔で「寒いです」とだけ答えた。

   ツイッターには、こうした映像を見たネットユーザーから、

「虐待に近い気がする」
「どう見ても児童虐待です」
「虐待を見た気分です」

との指摘が次々と書き込まれた。さらに、天候を考慮して企画の「中止」を求める声も多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中