2019年 1月 20日 (日)

肥満で危険度が高まるがん、8つ追加 世界保健機関が合計13種類のがん認定

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   肥満ががんの発症リスクを高めることは多くの研究で明らかだが、世界保健機関(WHO)のがん専門組織「国際がん研究機関」(IARC)は2016年8月24日、新たに胃がんなど8種類のがんが肥満によってリスクが増加することがわかったと発表した。

   この研究は、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」(電子版)の同日付号に掲載された。

過剰な脂肪が体内に炎症を起こし、がん細胞を増殖させる

   研究チームは、肥満とがんに関する論文を1000件以上調べた。今回、新たに肥満が主要な原因の1つと認定されたのは、胃がんのほかに肝臓がん、胆のうがん、すい臓がん、卵巣がん、甲状腺がん、脳腫瘍の1種である髄膜腫、血液がんの1種である多発性骨髄腫の8つだ。すでに2002年の時点で、結腸がん、食道がん、腎臓がん、乳がん、子宮体がんの5つが肥満との関連が認定されているから、これで合計13種類になった。

   論文では、これらのがんが肥満によってリスクが高まる理由として次の点をあげている。

   (1)過剰な脂肪によって、体内に炎症が促進される。炎症は健康な細胞を損傷させ、がん細胞発生のもとになる。

   (2)過剰な脂肪によって、女性ホルモンのエストロゲンや男性ホルモンのテストステロンが過剰に分泌され、ホルモンバランスが崩れる。たとえば、エストロゲンの増加は乳がんの発症を促進させる。

   (3)過剰な脂肪によって、インスリンが過剰に分泌される。インスリンが増加すると血糖値が高まり、動脈硬化が進み、副腎が疲労するなど様々な血管組織や内臓に障害が起こる。特にがん細胞の増殖がいっそう進む。

   研究チームでは「体重を減らすことが一番ですが、多くの人にとってそれは難しいことです。少なくとも今より体重が増えないように努力すれば、これらのがんを減らす手助けになるでしょう」とコメントしている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中