日本マクドナルド、「ポケモンGO」効果で8月も増収

印刷

   日本マクドナルドホールディングス(HD)は、2016年9月6日、16年8月の売上高(既存店ベース)が前年同月比15.9%増えたと発表した。世界中で人気のスマートフォンゲーム「ポケモンGO」と提携した効果で、客数が7.5%増えた。加えて、客単価も7.9%上昇。既存店売上高は9か月連続で増えた。

   「ポケモンGO」は7月22日に国内配信がスタート。マクドナルドの店舗は、他のプレーヤーのポケモンと戦うことができる「ジム」やゲームに使う道具が得られる「ポケストップ」と呼ばれる拠点になった。「ポケモンGOが来店のきっかけになった」としている。

   また、8月はリオデジャネイロ五輪にあわせた特別メニューを投入し、好調だったことも売り上げを押し上げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中