辺野古移設訴訟、国側が勝訴 「知事が是正指示に従わず」は違法

印刷

   米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先の辺野古(同県名護市)の埋め立て承認をめぐる訴訟で、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は2016年9月16日、翁長雄志知事が埋め立て承認を取り消したことを撤回しないのは違法だとする判決を言い渡した。

   翁長知事は15年10月、仲井真弘多(ひろかず)前知事が出していた埋め立て承認を取り消したため、国は15年11月に沖縄県を相手取って代執行訴訟を起こした。16年3月には和解が成立し、和解に基づいて国は取り消しの撤回を求める是正指示を出したが、翁長知事が応じなかったため、是正指示に従わないことが違法であることの確認を求める訴訟を国が7月に起こしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中