2019年 5月 24日 (金)

横浜F・マリノス、「水素水」ボトル発売へ サッカーチームがなぜ?

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   サッカーJ1、横浜F・マリノスが、あの「水素水」を手軽に作れるという携帯用ボトルを発売する。大きさは直径およそ7センチ、高さおよそ18センチと小柄で、容量も350ミリリットルと少なめ。一方、価格は強気の5万4000円(税込)だ。

   選手も愛用するというこのボトル、一体どういった経緯で発売が決まったのか。そして、どのように水素水が作れるのか。効能などについて様々な物議もある水素水関連商品を、プロサッカーチームが売り出す経緯を取材した。

  • 発売が決まった「ポケット:横浜F・マリノス」(横浜F・マリノスの公式サイトより)
    発売が決まった「ポケット:横浜F・マリノス」(横浜F・マリノスの公式サイトより)

5万4000円「どこでも作れて、どこでも飲める」

   正式品名「ポケット:横浜F・マリノス」が発売されるのは2016年9月17日だ。チームが15日に公式サイトで発表したところによると、同商品は「選手も愛用」している。

   サイトによると、「いつでもどこでも」水素水を作ることができ、つねに「出来立ての水素水」を飲める「夢のマイボトル」だそうだ。宣伝文には

「試合観戦はもちろん、ドライブやスポーツ、オフィスにいつでもどこでも持ち歩くことが出来ます。ぜひ、お早めにお買い求めください!」

とある。販売場所は、「日産スタジアム」(横浜市)内にあるグッズショップ「トリコロールワン スタジアムショップ」やチーム公式サイトのオンラインショップだ。

   マリノスの担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、発売の理由について、 2014年からの協賛企業である水素水関係の企業、フラックス(横浜市)の提案がきっかけだとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中