15年度の法人所得、6年連続増加 初の60兆円台

印刷

   2015年度に決算期を迎えた全国の法人の申告所得総額が、前年度と比べて3兆928億円(5.3%)増の61兆5361億円と、過去最高だったことがわかった。2016年9月27日、国税庁が明らかにした。増加は6年連続で、所得総額が60兆円を超えたのは初めて。

   2015度における法人税の申告件数は、282万5000件。黒字申告割合は32.1%で、前年度に比べて1.5ポイント増え、5年連続の上昇となった。引き続き、企業の業績が改善していることが背景とみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中