2018年 8月 18日 (土)

草間彌生さん87歳 涙ながらに訴えた「私が死んだ後も...」

印刷

   水玉やかぼちゃをモチーフにした作品で知られる前衛芸術家の草間彌生さんが、2016年9月28日、東京都港区の国立新美術館の報道陣の前に現れ、2017年2月22日から5月22日まで同美術館で開催される個展「草間彌生 わが永遠の魂」について語った。日本における個展の開催は、2012年から2014年にかけ、国内10都市で行われた「永遠の永遠の永遠」以来3年ぶりとなる。

   現在87歳の草間さんは車いすで登壇し、途中涙ぐみながらも開催への感謝を述べ、これまでの人生を振り返りながら自らの芸術について語った。

  • 涙ぐむ草間さん(2016年9月28日撮影)
    涙ぐむ草間さん(2016年9月28日撮影)
  • 現在87歳。車いすで登場した(2016年9月28日撮影)
    現在87歳。車いすで登場した(2016年9月28日撮影)

3年ぶりの日本の個展発表会に車いすで登場

   車いすで登場した草間さんは、4分ほどのスピーチの中で、自らの人生や芸術などについて、

「私の人生は、芸術によって磨かれました」
「今では車いすを使うことになるほど、昼も夜も芸術に明け暮れておりました」

と、時折言葉を詰まらせながら語った。

   また、個展の開催について、美術館や関係者への感謝を述べつつ、

「私が死んだ後も、私の創造への意欲と、芸術への希望と、私の情熱を感じていただければ、それに勝る喜びはありません」

と涙ながらにコメントした。

   1929年に生まれた草間さんは、40年代より芸術家として活動を始めた。50年代にニューヨークに渡り、絵画だけでなく彫刻や小説など、様々な芸術分野で活躍。水玉やかぼちゃなどのモチーフと、独特の色彩感覚で人気を集めている。

   2014年、イギリスアート・ニュースペーパー紙で「世界で最も人気のあるアーティスト」に、2016年にはアメリカの「タイム」誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出されるなど、海外でも高く評価されており、海外での個展も積極的に開催している。

   展覧会は2部形式となっており、第1部「21世紀の草間彌生」では、「わが永遠の魂」のシリーズを中心とした作品が展示される。このシリーズは草間さんが2009年から手がけているシリーズで、総数は500点以上に及ぶ膨大なもの。今回の展覧会ではその中から日本初公開の作品を含む130点以上が公開される。

   第2部では活動初期から1990年代までの作品が展示される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中