2019年 2月 23日 (土)

えっ、広島カープの新井選手がまさか... デイリー記事で「勘違い」続出

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   元プロ野球選手の山本一義氏の訃報を受け、デイリースポーツが2016年10月4日に配信したウェブ版記事の「書き出し」が、インターネット上で「紛らわしい!」と物議を醸している。

   記事は、故人と親交があった広島東洋カープ・新井貴浩選手が今回の訃報を受け、改めて「日本一」への思いを新たにするという内容だ。しかし、この記事の読者からは「新井さんが亡くなったんかと思った」「勘違いする」との反応がツイッターなどに相次いでいる。

  • カープ優勝の立役者に向けられた「勘違い」とは…(画像はイメージ)
    カープ優勝の立役者に向けられた「勘違い」とは…(画像はイメージ)

「亡くなったんかと...」

   4日朝に公開されたデイリーの記事は『新井、誓った 恩師・山本一義さんに捧ぐ、追悼の日本一!』との見出しだったが、「書き出し」が、

「広島・新井貴浩内野手(39)が3日、尿管がんのため9月17日に死去していたことが明らかになった元打撃コーチでOBの山本一義氏(享年78)の訃報に...(後略)」

となっていた。要するに、「新井選手が山本氏の訃報を知った」ことを書き表した文章なのだが、新井選手が主語として書き始められていることから、

「まるで新井さんが尿管がんで死んだかのような書き方」
「最初だけ読んだら確実に間違える」

との指摘がネット上に相次いで寄せられた。

   ツイッターやネット掲示板には、

「は?新井さん亡くなったの?」
「一瞬マジかと思ったわ 書き方おかしいやろ...」
「こういうの心臓に悪いからやめてほしい」
「紛らわしい書き方ですよね、読んだ刹那走馬灯のように新井さんの顔が思い浮かびました...」

との書き込みが数百件単位で上がっている。そのほか、「新井さんを主語にしたいのは分かるが」「仮にもプロの記者がこれでええんか...」といった投稿も数多く出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中