東京五輪前に街路樹300本伐採 「切らないで」ネット署名で論議

印刷

工事は一時中断、「議会の結論を受けて対応」

   千代田区の道路公園課では10月5日、J-CASTニュースの取材に対し、「神田警察通り」での街路樹伐採について次のように説明した。

「通りの歩道が狭く、車イスも通り抜けにくいほか、樹木が大きくなって倒木などの恐れも出てきました。そこで、地元の協議会と5年前から議論して、歩道を広くすることにしました。歩道に自転車の通行区分を作ることにもしたため、車道が一方通行の4車線から3車線と狭くなり、そこに駐車帯を作る必要もあって樹木を伐採することになったということです。切った後は、別の樹木を植えることを検討しています」

   時期的には、2020年の東京五輪までには道路を整備したいという理由もあったという。16年3月に着工して約2億円をかけて翌17年3月に完成させる予定だったが、市民団体などからの陳情を受けて区議会で議論になっており、道路公園課では、「工事の再開などは、議会の結論を受けて対応したい」と話す。

   「明大通り」についても、歩道拡幅のためで、東京五輪は意識しているという。プラタナスの伐採は10月を予定していたが、これも議会の結論を尊重したいとしている。

   東京都の第一建設事務所工事課では、都道「白山通り」の街路樹一部伐採について、電線の地中化のためだと取材に明かした。「景観上から五輪を意識はしていますが、主たる目的は、地震で電柱が倒れて道路をふさぐことがないようにすることです。地元の町内会などには説明して、伐採についても理解してもらっています」と言う。

   ツイッターなどでは、街路樹伐採が議論になっており、「これは許せない!」「五輪は何様だね」といった反対の声が上がっているほか、「理由あるんだから仕方ない」「オリンピックに絡める必要ない」などと、伐採に理解を示す反論も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中