2018年 8月 17日 (金)

「つかまらずに立ってズボンはけない」 運動しない高齢者は3割以上

印刷

   スポーツ庁は2016年10月11日、14年度の体力・運動能力調査の結果を発表した。運動習慣が日常生活の動作にどれだけ影響しているかを調べた項目では、運動を普段「しない」高齢者の3割以上が、何にもつかまらない状態では立ったままズボンやスカートをはけない、と分かった。

   調査では全国の65~79歳の男女5640人から回答を得た。スポーツや運動を「ほとんど毎日する(週3~4日以上)」「ときどきする(週1~2日)」「ときたまする(月1~3日)」「しない」の4グループにわけ、「立ったままズボンやスカートがはけるか」を質問した。

   「何にもつかまらないで立ったままはける」と答えたのは、運動の頻度が「ほとんど毎日」のグループでは男性84.8%、女性81.8%だったのに対し、「しない」のグループは男性68.9%、女性67.3%にとどまった。「座らないとはけない」のは、「ほとんど毎日」では2.4%だが、「しない」では6.3%と2倍以上だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中