2018年 8月 17日 (金)

「相模トラフ」大地震の揺れを予測 地震調査研究推進本部が公表

印刷

   政府の特別機関、地震調査研究推進本部の地震調査委員会は2016年10月12日、「長周期地震動評価 2016年試作版-相模トラフ巨大地震の検討-」で、マグニチュード8クラスの相模トラフ巨大地震が起きた場合の揺れの予測を公表した。

   これは相模湾から千葉県沖に連なる相模トラフ沿いで大地震が起きた場合の関東1都6県についての予想で、周期2秒では毎秒約50センチ以上という速度の長周期地震動があり、東京から群馬にかけた広い範囲で立てなくなるほどの揺れが予想された。特に東京都八王子市や神奈川県小田原市などでは20階建てビルの最上階で揺れ幅が約80センチに達する場合もあるという。詳しくは地震調査研究推進本部公式サイトの「長周期地震動評価 2016年試作版-相模トラフ巨大地震の検討-」のページで見ることができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中