2018年 7月 20日 (金)

中国が6度目の有人宇宙飛行へ 33日間の滞在に挑む

印刷

   中国は有人宇宙船「神舟11号」を2016年10月7日8時30分(日本時間)、内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターから「長征2号F」ロケットで打ち上げ、予定した軌道に乗せた。国営中央テレビなどが伝えた。16年9月に打ち上げた実験室「天宮2号」と2~3日後にドッキングさせ、中国としては最長となる33日間の滞在に挑む。

   中国の有人宇宙の飛行は今回が6回目で、有人のドッキングは3回目。前回の13年は15日間の飛行だった。宇宙飛行士は空軍パイロット出身の2人で、22年の完成をめざしている中国独自の宇宙ステーションのためのドッキングや分離、地球への帰還といった技術検証と、長期に宇宙に滞在するためのノウハウを得る研究などを進める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中