2018年 8月 20日 (月)

三菱重工が大型客船事業から撤退 納期遅れで2400億円超の損失

印刷

   三菱重工業は2016年10月18日、10万トンを超える大型客船の建造事業から撤退すると発表した。同社の大型客船事業をめぐっては、米企業から受注していた2隻の大型客船の納期が設計のやり直しや火災で遅れるなどして、16年3月期までに2400億円を超える損失を計上していた。

   同社の宮永俊一社長は18日に東京都内で記者会見し、現在長崎造船所で手がけている大型客船の建造は「事業構造や環境に大きな変化がない限りは取りやめる」と語った。客船事業については今後、中型・小型客船に限って受注する方向で、今治造船など協業する造船3社とも資本面も含んだ提携を検討するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中