スタバが焙煎の様子見られる新型店舗 2018年に中目黒にオープン

印刷

   スターバックスコーヒージャパンは、2016年10月20日、店内にコーヒー豆の大型焙煎(ばいせん)機を置くなどする新型店舗「スターバックス リザーブロースタリー」を日本で初めて2018年に東京都・中目黒にオープンすると発表した。

   敷地面積は1200平方メートルで、焙煎の様子が見られるほか、コーヒースペシャリストやマスターロースターとの会話が楽しめる。イタリア料理で知られるロッコ・プリンチ氏監修の焼きたてのフードやパンも取り扱う予定だ。1号店は14年にシアトルにオープン。17年は上海、18年はニューヨークにオープン予定で、東京は世界で4号店になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中