2018年 7月 16日 (月)

漫画家の小路啓之さん事故死に悼む声 『ごっこ』『犯罪王ポポネポ』

印刷

   『ごっこ』などの作品で知られる漫画家の小路(しょうじ)啓之さん(46)が2016年10月20日夜、死去した。奈良県御所市の歩道で倒れているところ発見され、病院に運ばれたが、死亡が確認された。自転車を運転中、転倒して頭などを強く打ったとみられている。21日、共同通信など複数のメディアが報じた。

   ツイッターでは、小路さんを悼む声が寄せられている。

  • 『ごっこ 1 』(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(集英社)
    『ごっこ 1 』(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(集英社)

発見場所のそばに「リカンベント」型自転車

   共同通信の報道などによると、小路さんが倒れていたそばには、足を前方に伸ばしてペダルをこぐ「リカンベント」型の自転車が倒れていた。自転車には大きな傷はないことから、小路さんが運転中に転倒したものとみられている。

   講談社の「モーニング」サイトなどによると、小路さんは、『殺しのライセンス』でちばてつや賞準大賞を受賞(1997年)しデビュー。『ごっこ』『犯罪王ポポネポ』などの作品があり、アフタヌーン四季賞(特別賞)などの受賞歴がある。

   小路さんの訃報が10月21日に流れると、ツイッターでは、冥福を祈る声が寄せられた。漫画家の渡辺静さんは、「え?嘘、亡くなった漫画家さんって小路啓之さんなの?ちょっと気持ち整理つかないわ。。」と投稿。

   他にも、「本当に悲しい」「ご冥福を祈ります」「ポポネポ好きだった」「お悔み申し上げます」などの声が投稿されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中