2018年 11月 21日 (水)

国民的漫画「タッチ」に新事実発覚 あだち充「上杉和也は...」と仰天告白

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   国民的な人気を博した青春野球漫画・アニメ作品「タッチ」について、作者のあだち充さんが漫画雑誌のインタビューで「裏話」を語った。

   作中の重要人物である上杉和也の死を「最初から殺すつもりだった」と告白。さらに題名の「タッチ」の由来についても意外な新事実を明かし、ファンも驚く展開となった。

  • ファンも驚く「新事実」(写真は「月刊少年サンデー 16年11月号」の表紙)
    ファンも驚く「新事実」(写真は「月刊少年サンデー 16年11月号」の表紙)

当時の担当編集者「人気のあるキャラだから...」

   あだちさんは、2016年10月12日に発売された「月刊少年サンデー」(16年11月号、小学館)の中のコーナー「カメントツの漫画ならず道」に登場した。これは、インターネットを中心に活躍中の漫画家・カメントツさんが著名な漫画家と軽妙なやり取りを交わす、16年6月号スタートの新連載だ。

   冒頭、「なんで『タッチ』で上杉和也を殺したの?」と早速きわどい質問をぶつけるカメントツさんに、あだちさんは「なんで...って...最初から殺すつもりだったもん」と事もなげな感じで打ち明けた。

   野球部に所属する高校生の上杉和也は「タッチ」のヒロイン・浅倉南の幼馴染。南と和也、そして兄・達也の「三角関係」がストーリーの核となっていく。「南を甲子園に連れて行く」と宣言していた和也が甲子園予選決勝の直前に交通事故で亡くなる場面は、大きな転換点として描かれた。この和也の死は、なんと「既定路線」だったのだ。

   「殺すつもりでキャラを作ったと...?」と驚きながら確認するカメントツさんに、あだちさんは「タイトルの『タッチ』は『バトンタッチ』の『タッチ』だからねぇ」と続けざまに告白した。

「当時の担当編集者からも...『人気のあるキャラだから殺すな』って、さんざん言われたけれど、原稿おいて行方くらませたんだよねぇ」

と振り返った。

   弟の死によって、南のことも甲子園出場もすべて引き継ぐ形となった達也。そうしたストーリー展開を「バトンタッチ」という表現に託し、タイトルに反映させたのだという。

   連載開始から35年を経て明かされた新事実に、ファンは

「その発想はなかった!」
「たっちゃんが主役だからタッチだと思ってた」
「タイトルの時点で決まってたのね」

とツイッターで驚きの声を上げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中