2018年 6月 24日 (日)

「天国でジャイアンと再会してるかな」 初代スネ夫の肝付兼太さん死去

印刷

   人気アニメ「ドラえもん」で初代骨川スネ夫役を務めた声優・肝付兼太(本名・肝付兼正)さんが2016年10月20日、肺炎のため死去した。80歳だった。所属事務所の「81プロデュース」が24日に発表した。

   初代ジャイアン役のたてかべ和也さんが15年に亡くなっており、ネット上では「ジャイアンもスネ夫も逝ってしまった」と惜しむ声が寄せられている。

  • ジャイアンもスネ夫も…(2016年9月撮影)
    ジャイアンもスネ夫も…(2016年9月撮影)

「怪物くん」のドラキュラ役も

   1935年11月15日、鹿児島県出身。帝京高校卒業後、会社員などを経て声優の道に入った。「怪物くん」のドラキュラ役、「それいけ!アンパンマン」のホラーマン役、「パーマン」のパーヤン役など担当したキャラクターは数知れず、晩年まで有名作品にかかわり続けた。

   中でも「ドラえもん」では、テレビ朝日版の放送が開始された1979年から2005年まで、26年にわたりスネ夫役を担当。肝付さんの少ししゃがれた独特な声色が、ナルシストだがどこか憎めないスネ夫のキャラクターを形作った。

   スネ夫の相棒とも言える「剛田武」(ジャイアン)役を同じく26年務めた声優・たてかべ和也さんは15年6月に亡くなっており、ツイッターで

「今ごろジャイアンと再開してるんだろうな」
「今頃は、天国にある空き地でラジコンをやっているのではないでしょうか」
「ジャイアンもスネ夫も逝ってしまった」

と哀悼の言葉が数多く投稿されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中