2018年 8月 15日 (水)

電通、22時での「一斉消灯」を開始 新入社員自殺の労災認定を受け

印刷

   広告大手の電通は2016年10月24日から、新入社員だった高橋まつりさん(当時24)の自殺が過労による労災と認定されたことを受けた労務環境改善の一環として、22時での一斉消灯を始めた。各紙が報じた。

   消灯は翌朝5時まで。電通本社(港区)だけでなく、すべての事務所が対象になるという。今回の労災認定をめぐっては、東京労働局と三田労働基準監督署が10月14日に電通本社に立ち入り調査を行っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中