2021年 4月 15日 (木)

NMB48「1強」山本彩がソロデビュー それでも卒業「まだ考えられない」理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大阪・難波を拠点にするNMB48の山本彩(さやか)さん(23)が2016年10月26日、初のソロアルバム「Rainbow(レインボー)」を発売し、東京・文京区の東京ドームシティで記念イベントを開いた。収録された13曲のうち6曲を自らが作詞作曲。自らの「夢」だと繰り返し表明してきたシンガーソングライターとしての道に本格的に踏み出した。

   ソロ活動が本格化すれば視野に入ってくるとみられるのがNMB48からの卒業だが、山本さんはNMB48のキャプテンを務める「絶対的エース」で、言い換えれば「1強」。山本さんの卒業はグループの屋台骨を揺るがしかねないだけに、卒業は「まだ考えられない」と慎重だ。

  • 初のソロアルバム「Rainbow(レインボー)」を発売した山本彩さん。イベントには約2000人(主催者発表)が集まった
    初のソロアルバム「Rainbow(レインボー)」を発売した山本彩さん。イベントには約2000人(主催者発表)が集まった
  • ソロアルバム発売イベントで楽曲を披露する山本彩さん
    ソロアルバム発売イベントで楽曲を披露する山本彩さん
  • 初のソロアルバム「Rainbow(レインボー)」を発売した山本彩さん。イベントには約2000人(主催者発表)が集まった
  • ソロアルバム発売イベントで楽曲を披露する山本彩さん

イベント終盤には観客の静止画撮影を「解禁」

   アルバムは「東京事変」などに携わった亀田誠治さんがプロデュースし、GLAYのTAKUROさんやスガシカオさんらも楽曲を提供。JTのCMでの弾き語りで有名になった「ひといきつきながら」も収録した。

   イベントでは、自らが作詞作曲した「レインボーローズ」「雪恋」、スガシカオさんが作詞作曲した「メロディ」の計3曲を、約2000人(主催者発表)の観客を前に披露。音楽イベントでは観客の録音・撮影は禁じられることが一般的だが、3曲目の静止画撮影が解禁され、イベントの最後には観客向けのフォトセッション(写真撮影)の時間も設けられた。15年秋のNHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」(AKB48)でセンターポジションを務めた山本さんの圧倒的な知名度を背景に、ソーシャルメディアの「拡散力」で山本さんの新たな側面をアピールしたい考えのようだ。

   山本さんは10月27日未明放送の「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、シンガーソングライターという「夢」について、

「物心ついた頃には、何となく思い始めていた。小学校6年生とか」

と話した。だが、NMB48という「アイドル」を卒業してシンガーソングライターに一本化することは、当面は現実的ではないようだ。

   10月26日夕方のイベント後の囲み取材で、NMB48を卒業するメンバーが相次いでいることについて、山本さんは

「それぞれNMBに入ってきたときと同じように、自分の夢を追いかけて卒業していくメンバーたちなので、そこは同じメンバーとして背中を押したい。残っているメンバーのためにも、今私がやっている活動が希望になればいい」

などとして、自らのソロ活動がNMB48の現役メンバーにとってロールモデルになり得るとの考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中