ガソリン価格、3週連続で上昇 16年最高値を更新

印刷

   経済産業省・資源エネルギー庁が2016年10月26日に発表したレギュラーガソリン1リットルあたりの全国平均小売価格(24日時点)は、前週比で1.4円高い126.0円となった。3週連続の値上がりで、今年最高値を更新した。

   原油価格の上昇と円安による調達コストの増大により、石油元売り各社が卸価格を引き上げたためとみられる。地域別では45都道府県で値上がりし、高知県と群馬県は横ばいだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中