2018年 10月 22日 (月)

ピコ太郎が「世界ヒット」を分析 「後から気づいたんですけど、歌詞が英語...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」がユーチューブで6750万回以上再生され、世界中で人気が広がっている、謎の中年男性キャラ「ピコ太郎」さん(53)が2016年10月28日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

   PPAPは、10月に入り全米ビルボード・ソング・チャートにランクイン。ランクイン曲では最も曲の長さが短かったとしてギネス記録に認定され、全世界で発売されることも発表された。元々、動画はわずか10万円で製作されたといい、ピコ太郎さんは「本当にネットってすげえ」と驚いていた。

  • 日本外国特派員協会で「おなじみのポーズ」をとるピコ太郎さん
    日本外国特派員協会で「おなじみのポーズ」をとるピコ太郎さん
  • PPAPの「ロングバージョン」も初めて披露した
    PPAPの「ロングバージョン」も初めて披露した
  • ギネス記録の認定証。「ビルボードトップ100にランクインした最短の曲(Shortest song to enter the Billboard Hot 100)」として認定された
    ギネス記録の認定証。「ビルボードトップ100にランクインした最短の曲(Shortest song to enter the Billboard Hot 100)」として認定された

ギネス記録に認定

   「PPAP」は8月25日にユーチューブに投稿され、9月25日に海外の面白動画を紹介するサイト「9GAG」が拡散。3日後の9月28日にはジャスティン・ビーバーさんがツイッターで紹介し、爆発的に知名度が高まった。この結果、9月下旬から10月下旬にかけてユーチューブの音楽グローバルランキングで3週連続1位を獲得。全米ビルボード・ソング・チャートにも、10月17日付けで77位にランクインを果たした。同チャートに日本人がランクインするのは、1990年の松田聖子さんとドニー・ウォルバーグさんによるデュエット曲以来26年ぶり。

   このランクインが「ビルボードトップ100にランクインした最短の曲(Shortest song to enter the Billboard Hot 100)」としてギネス世界記録に認定。ギネス記録の認定員が会場に現れ、認定証を手渡した。「SONY/ULTRA(ソニー/ウルトラ)」「CNR Records(シーエヌアール)」という世界的なレーベルとも契約したことも明らかにした。

   ピコ太郎さんは、

「元々10万円で作った動画。スタジオを借りて6時間で20曲撮りました。それがこうして世界に広がっていくって...、本当にネットってすげえ」

などと感慨深げに話していた。元々は日本の視聴者しかターゲットしていなかったといい、

「一番最初は日本の中高生が見てくれたかなと思う。ところが、後から気づいたんですけど、歌詞が(ペン、アップル、パイナップルしか出てこない)英語だったんですね。(海外での拡散具合に)ビックリして、そうすると海外の『9GAG』というサイトがピックアップして...」

とも明かしていた。

次回作は「柑橘系」の「フルーツもの」

   ギネス記録に認定されたのは45秒のバージョンだが、PPAPにはそれ以外にも2分強の「ロングバージョン」も存在しており、会見冒頭で初披露。会見の最後には、次回作の構想を聞かれ「近いうちに『フルーツもの』が発表できるかな。ヒントは、柑橘(かんきつ)系」と明かしていた。「ミカン?」という司会者の質問には「近いと思います」と応じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...