2018年 9月 23日 (日)

パナソニックプラズマディスプレイが解散 負債額5000億円、製造業で過去最大の倒産

印刷

   帝国データバンクは2016年10月31日、14年3月に事業を停止していたパナソニックプラズマディスプレイについて、親会社のパナソニックが同日開いた取締役会で解散を決議し、11月1日に大阪地裁へ特別清算を申請する予定だと報じた。

   同社は00年7月に設立され、プラズマディスプレイのほか、プラズマテレビ、その他関連部品製品の製造を手がけパナソニックに販売していた。帝国データバンクによれば、09年3月期の年間売上高は約3137億1400万円を計上していたが、競争の激化と市場価格の大幅下落などによった14年3月期は年売上高約202億円まで減少し、14年3月末をもち事業活動を停止した。同社の工場資産などの処分を進め、それが完了したことで解散が決まった。負債は親会社のパナソニックに対して約5000億円。エルピーダメモリの4480億3300万円を上回って製造業の倒産では過去最大になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中