2019年 1月 23日 (水)

えっ?東京で? 「イノシシ衝突で中央線に遅れ」は本当か

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   「動物と衝突」が原因でJR中央線が1時間近く遅れるという珍事があった。

   正確には、中央線と直通運転している青梅線内でイノシシと衝突したのが主な原因だが、ツイッターでは「イノシシと衝突」が「トレンド」入りし、「どこの田舎の話だよと思ったら東京の話かよ!」といった驚きの声があがっていた。

  • 10時30分頃のJR東日本のスマートフォンアプリに配信された運行情報。「動物と衝突」が遅れの原因だと説明されている
    10時30分頃のJR東日本のスマートフォンアプリに配信された運行情報。「動物と衝突」が遅れの原因だと説明されている

「青梅線がイノシシと衝突ってマジ?」「田舎すぎるね」

   JR東日本の八王子支社によると、奥多摩発東京駅行きの快速電車が2016年11月1日6時28分頃、沢井駅~軍畑(いくさばた)駅間(青梅市内)でイノシシと衝突。7分後の6時35分に運転を再開し、予定通り東京駅に向かった。この7分間の運転見合わせの影響で、約100人の乗客の足に影響が出た。現場近くの沢井・軍畑両駅は無人駅で、平日の6時台に東京・立川方面に出発する電車はわずか4本だ。青梅線の電車は一部が中央線に乗り入れている影響で、この遅れは中央線にも波及した。

   事故から4時間後の10時30分時点でスマートフォンアプリなどに向けて配信された運行情報では、中央線快速電車と青梅線にそれぞれ「遅延」「一部運休」と表示され、その原因はいずれも「動物と衝突」だとされた。画面上では「動物」という表現にとどまったが、乗客向けの車内放送では「イノシシ」と説明されたケースもあったため、

「イノシシと衝突??」
「青梅線がイノシシと衝突ってマジ? 」
「田舎すぎるね」

などとツイートする乗客が続出。「イノシシと衝突」という単語が、一時「トレンド」入りした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中