「修羅の国」福岡が住みやすい、だと? 「治安が悪い説」データで検証

印刷

   職住接近や物価の安さから福岡市への「移住」志向が高まる中、ネックとして多くあがる声が「治安が悪いイメージがある」といったものだ。

   相次ぐ発砲事件などを受け、福岡県警がウェブサイトで手りゅう弾に注意するように呼びかけている上、県警が2014年から特定危険指定暴力団・工藤会(北九州市)の「壊滅作戦」を展開していることが大々的に報じられ、「福岡(県)=修羅の国」というイメージが定着していることが背景にあり、福岡市への印象へも影響しているようだ。では、実際のところはどうなのだろうか。

  • 福岡市の治安は悪いのか(写真はイメージ)
    福岡市の治安は悪いのか(写真はイメージ)

福岡県警がウェブサイトで「手りゅう弾に注意!」

   J-CASTニュースが2016年10月30日に「福岡市、年に1万人の人口増 若者『移住』相次ぐ理由」と題して配信した記事は、フェイスブック上で4000回以上シェアされるなど大きな反響を呼んだ。しかし、コメント欄やツイッターには

「ただし福岡は治安が悪いイメージがある」
    「本拠にしている指定暴力団を5つも抱える修羅の国福岡に好き好んで移住したがるのがわからない」

といった治安面の不安を指摘する声も多い。そもそも「福岡=修羅の国」というイメージが定着したきっかけのひとつだと指摘されているのが、2011年に福岡県警が「手りゅう弾に注意!」と題してウェブサイト内に設けたページだ。このページでは、手りゅう弾の形状を写真で示した上で、不審物を見つけた場合には「『踏まない・触らない・蹴飛ばさない』の原則を守り、直ちに避難し、警察に通報」するように、具体的に呼びかけている。

   このページでは福岡県内の手りゅう弾をめぐる犯罪を取り上げている。では、「福岡市」という単位ではどうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中