2018年 10月 21日 (日)

日本初のインフル情報アプリを公開 自宅・職場の流行状況や予防に便利

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   順天堂大学は2016年11月2日、日本初のインフルエンザ調査用アプリ「インフルレポート」を開発、公開したと発表した。アプリは「App Store」から無料でダウンロードできる。

   集められたデータからインフル治療の研究を進めることを目的にしているが、一般利用者の健康管理とインフル予防にも役立つという。

インフルにかかった時の体調管理にも

   順天堂大学の発表資料によると、このアプリは、使用開始時にワクチンの接種状況など簡単なアンケート調査を行う。利用者がインフルエンザにかかった場合は、その時の症状や処方された薬剤などについて、追加でアンケート調査を実施。30日ごとにインフルエンザ罹患(りかん)状況やワクチン接種状況などを確認する。

   収集データをアプリ内で即座に分析、利用者に地域ごとのインフルエンザ発生状況をフィードバックする。自宅以外にも勤務先や通学先など、気になる地域を登録しておくことで、狭いエリアの発生状況も確認できる。また、アプリには体温を記録できる機能も付いており、万が一、インフルエンザにかかった時には、体調管理に役立つ工夫もされている。

   利用者には、調査の内容・回答データの取り扱いを説明した後で、同意署名をもらうなど、調査参加にあたり十分なインフォームドコンセントを行う。そして、得られたデータからインフルエンザ予防や治療に便利な情報を利用者にフィードバックするという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...