2018年 9月 20日 (木)

トランプ氏、まずは「犯罪歴のある人」ら200万~300万人強制送還の方針

印刷

   米国のドナルド・トランプ次期大統領は、2016年11月13日(米国東部時間)にCBSテレビが放送したインタビューの中で、米国内に約1100万人いるとされる不法移民のうち、犯罪歴のある200万~300万人をまず強制送還する方針を明らかにした。

   不法移民全員の強制送還を公約に掲げていたトランプ氏は、公約実現に関する質問の中で、不法移民のうち約200~300万人の「犯罪歴のある人、ギャング、麻薬の密売人」を国外退去の対象にすると答えた。

   またメキシコ国境に不法移民を防ぐための「壁」を築く、という公約については「一部地域では壁のほうが適切」とした上で、一部フェンスの利用もあり得るとの考えを示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中