2018年 7月 21日 (土)

安倍首相、米軍駐留経費全額負担を拒否 「日米間で適切な分担を」

印刷

   安倍晋三首相は2016年11月14日の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、米国のドナルド・トランプ次期大統領が求めている在日米軍駐留経費の全額負担を拒否する考えを示した。

   米国のトランプ氏が大統領選期間中、日本に対して駐留経費の全額負担や核武装容認などを主張していたことについて、安倍首相は

「日米間で適切な分担が図られるべきものと考えている」

と述べ、駐留米軍が果たす役割によって日米ともに利益を得ていると主張。非核三原則を今後も堅持し、核兵器の保有はあり得ない、とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中