2021年 3月 1日 (月)

マエケン新人王落選にみる大リーグの大いなる矛盾

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大リーグの新人王候補だったドジャース前田健太は予想外の記者投票3位に終わった。

   高額契約の日本人選手は敬遠されている、との話が裏付けされた結果なのだろうか...。

  • 前田健太の1年目。文句ない実績だったが、なぜか新人王を逃した
(画像は前田健太選手のインスタグラムより)
    前田健太の1年目。文句ない実績だったが、なぜか新人王を逃した (画像は前田健太選手のインスタグラムより)
  • 前田健太の1年目。文句ない実績だったが、なぜか新人王を逃した
(画像は前田健太選手のインスタグラムより)

ロスでは「ケンタ」賞賛の嵐

   2016年の前田は16勝11敗と立派な成績を残した。なによりもシーズンを通じてローテーションを守ったことの評価は高い。

「前田なくしてドジャースのポストシーズン進出はなかった」

   これは記者たちの一致した見方だった。地元ロサンゼルスでは「ケンタ」を絶賛する声ばかりである。

   ところが11月14日(日本時間15日)に発表されたナ・リーグ新人王は同僚の打者で、打率3割8厘、26本塁打、72打点コリー・シーガーが選出された。

   前田とシーガーの比較は、突き詰めれば16勝と26本塁打の勝負だった。判断は難しいけれども、すくなくとも前田の3位はないだろう。つまりライバルにもならなかったというわけである。

   現在の大リーグで20勝投手は極端に少ない。前田の勝利数は一流といっていい。内容を見ればよく分かる。

   1イニングあたりに許した走者は1.139人で、平均の1.25人を上回っている。またコントロールを表す三振と四球の比率では、3.58をマーク。これは一流の証である3.5を超える数字となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中