2018年 10月 16日 (火)

サッシー人気、支えているのは中高年オッサン ディナーショーも昭和歌謡オンパレード

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   越路吹雪にアン・ルイス、テレサ・テン...この顔ぶれを見て、民放各局が年末に放送する「往年のヒットソング特集」を思い浮かべる人も多いだろう。

   実はこれ、アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さん(24)のソロディナーショーで披露された歌だ。3万円以上の高額チケット、昭和歌謡満載のセットリストで注目を集めた今回のディナーショー。浮き彫りとなったのは、指原さんを支える中高年おっさんファンの存在だ。

  • 歌謡曲を熱唱(C)AKS
    歌謡曲を熱唱(C)AKS
  • フットボールアワー・後藤がゲストで登場(C)AKS
    フットボールアワー・後藤がゲストで登場(C)AKS

「自民党のパーティーか!?」

   指原さんは24歳を迎える1日前の2016年11月20日、グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)で初のディナーショーを開いた。

   「きょうはバラエティータレントでなく、シンガー指原の世界にいざないます」と宣言し、1曲目に「サン・トワ・マミー」(越路吹雪)をしっとり歌い上げた。

   ディナーショーは昼夜2部。いずれも「六本木心中」(アン・ルイス)、「マイウェイ」(布施明)、「人生いろいろ」(島倉千代子)、「つぐない」(テレサ・テン)など昭和のヒット曲が目白押しだ。

   「LOVEマシーン」(モーニング娘。)や「前前前世」(RADWIMPS)といった平成のヒット曲も披露されたが、ほんのわずか。もちろん、48グループの曲は一切出なかった。

   指原さんの年齢から想像もつかない選曲の背景に、何があったのか。一番に考えられるのは、ファンの年齢層の高さだろう。

   自身もそうした事情を自覚しているのか、公演中に客席を見まわし、「年齢層高すぎ。自民党のパーティーか!?」と冗談を飛ばした。また、夜の部に登場したお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さんは「何がすごいって年齢層高すぎるやろ!」とツッコんだ。

シリアルコードが老眼で読めない

   指原さんは今まで何度か、ファンの年齢層に触れている。16年5月29日放送の「渋谷のさしこ」(コミュニティーFM局「渋谷のラジオ」、月1回放送)で、

「指原のファンの人ってね、50代・60代が多いんですよ。普通、ファンの方は『一生懸命頑張るからね』『疲れるけどいっぱい投票するからね』って(総選挙前に)言ってくれるんですけど、うちのファンは文句が多くて、『(シリアルコードの)文字が老眼で読めない』『目が疲れる』って。今まさにみんな老眼と戦っているときだと思う」

と冗談交じりに語り、

   8月28日放送の「土田晃之 日曜のへそ」(ニッポン放送、毎週日曜放送)で、

「私は『50・60喜んで』パターンのアイドルなので。本当に握手会もそういう世代の方ばっかり。私のレーンだけ、本当におじいちゃんばっかり」

と明かした。

   ディナーショーのチケットは3万4500円という強気の料金設定にも関わらず、発売後すぐに完売した。あるときは票で、またあるときは金銭で。何万人もの「おっさん」が、指原さん人気を強く支えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...