東北沿岸での「ラプラス」出現中止 ポケモンGOが津波警報受け

印刷

   人気スマートフォンゲーム「ポケモンGO」の公式ツイッターアカウントは2016年11月22日朝、福島県沖でM7.4の地震が発生したことを受け、東北沿岸部でレアポケモン「ラプラス」の出現率を上昇させるキャンペーンを中止すると発表した。

   「ポケモンGO」では、東日本大震災の被災地となった岩手県、宮城県、福島県の沿岸部で復興支援などを目的としたキャンペーンを、11月11日から23日まで実施していた。

  • ポケモンGOがイベント中止
    ポケモンGOがイベント中止

地震発生の30分後にアナウンス

   福島県沖で午前5時59分に起きた地震を受け、青森から千葉までの太平洋沿岸部で津波警報・注意報が発令された。こうした状況の中、「ポケモンGO」公式ツイッターは午前6時27分、

「福島県、および東北沿岸部に津波警報が出ています。ラプラスの出現に関しては状況が確認できるまで停止致します」

と投稿した。

   「ポケモンGO」をめぐっては、東日本大震災と熊本地震で被災した4県(宮城県、岩手県、福島県、熊本県)と、アプリ開発元のNiantic(ナイアンティック)が8月10日に、観光集客を目的としたゲーム連動キャンペーンを実施すると発表していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中