いきなり翌日便の運航を停止 台湾の航空会社、理由は「解散」だった

印刷

   台湾のトランスアジア航空は2016年11月22日、会社を解散すると発表した。同社は21日、理由を明かさないまま22日の全ての運航停止を発表。22日に開かれた臨時取締役会で解散を決定した。

   同社は1951年に台湾初の民間航空会社として設立されたが、2014年、2015年と2年連続で航空機事故を起こしたことで経営が悪化していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中