2018年 11月 19日 (月)

和田アキ子は「笑って許す」のか 司会・トリもやった紅白落選

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   和田アキ子さん(66)がNHK紅白歌合戦40回目の出場を前に、ついに落選した。NHKが2016年11月24日に16年の出場者を発表し、明らかになった。

   過去に「トリ」や司会を務めたこともあり、和田さんにとって紅白は特別な存在だったが、最近ではヒット曲にも恵まれず、視聴者からは「いまだに出続けているのが理解できない」といった声もあがっていた。

  • 和田アキ子さんの40回目の出場はならなかった(写真は2015年のリハーサル)
    和田アキ子さんの40回目の出場はならなかった(写真は2015年のリハーサル)

披露する楽曲も「あの鐘を鳴らすのはあなた」など数曲

   和田さんは1970年に「笑って許して」で初出場し、78年まで連続して出場。その後出場が途絶えたが、86年に復帰。それ以来30回連続で出場し、女性歌手としては歴代最多の通算39回出場していた。

   「御意見番」としても知られる和田さんは、12月29日のリハーサル時に行われる囲み取材で、その年の芸能界を振り返ってコメントすることも定番になっていた。だが、「マンネリ化」が指摘されていたことも事実。最近は大きなヒット曲がないため、紅白で披露するのも「あの鐘を鳴らすのはあなた」など数曲に限られていた。

   J-CASTニュースが12年の紅白で「期待外れだった」出場者をワンクリック投票で聞いたところ、11.1%が和田さんに投票。浜崎あゆみさん(34.5%)に次ぐ多さで、コメント欄には

「和田アキ子とか、そもそもなんで出演しているのか不明」
「和田アキ子がいまだに出続けているのが理解できない。もういい加減に引っ込んで欲しい」

といった辛らつな声が相次いだ。

   和田さんは、紅白だけはガチガチに緊張してしまうといい、和田さんにとって紅白は特別な番組だった。12年の紅白では、和田さんは本番直後に楽屋に戻る途中、関係者を前に「いやー、参った」と一言。イヤーモニターを外す手は、ガクガクと震えていた。

「とても残念」「正直悔しい気持ち」

   和田さんは所属事務所を通じて、

「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります。ただ、今までトリも務めさせて頂き、司会も務めさせて頂き、紅白歌合戦には色々と勉強させてもらいました。感謝の気持ちでいっぱいです。これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。和田アキ子は、これからも、歌い続けていきます!!!いくつになっても、声が出る限り、誰かの心のオンリーワンの歌手になれる様に、今後も精進していきます!」

とのコメントを出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中