2018年 9月 24日 (月)

大統領選の結果再集計にクリントン陣営参加 トランプ氏は「結果尊重すべき」と反発

印刷

   米大統領選を巡り、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官の陣営が2016年11月26日(現地時間)、複数の激戦州の結果再集計を求める動きに参加すると表明した。米メディアが報じた。

   クリントン陣営はこれまで再集計を求めない方向を示していたが、第3党「緑の党」候補だったジル・スタイン氏が25日にドナルド・トランプ次期大統領が勝ったウィスコンシン州の再集計を求め、認められたことを受けて方針を転換。スタイン氏はミシガン、ペンシルベニア州にも再集計を求める方針で、クリントン陣営も追随する。

   トランプ氏は一連の動きについて「緑の党の詐欺行為」「選挙結果は尊重されるべき」などと批判。27日には、「数百万人もの」有権者が「不正に」クリントン氏に投票したとツイッターで主張したが、特段の根拠は示していない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中