2018年 8月 16日 (木)

ビールにアルツハイマー予防効果 キリン・東大・学習院大がマウス実験で成果

印刷

   ビールに苦味と香りをもたらすホップに、アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)を予防する効果があるという研究結果を、キリンと東京大学、学習院大学が2016年11月28日に共同で発表した。マウスを用いた実験で明らかになった。

   発表資料によると、ホップに含まれる苦味成分「イソアルファ酸」が、アルツハイマー病の原因物質とされる「ベータアミロイド」の蓄積を抑えるとともに、脳内の老廃物を除去する細胞「ミクログリア」を活性化させ、認知機能が改善されたという。

   共同研究グループは、12月1~3日に都内で開かれる日本認知症学会学術集会で、詳しい研究成果を発表する。

  • ビールがアルツハイマーに効くという研究成果が出た(写真はイメージです)
    ビールがアルツハイマーに効くという研究成果が出た(写真はイメージです)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中