2018年 9月 19日 (水)

青森と新潟で鳥インフル 食用アヒル、ニワトリ32万羽以上殺処分

印刷

   青森県と新潟県は2016年11月28日、養鶏場などでニワトリや食用アヒル(フランス鴨)から高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたと発表した。国内で食用に飼育されている鳥類への感染は2年ぶりで、両県は拡大防止のための殺処分を進めている。

   青森県では28日に青森市のフランス鴨を飼育する農場で10羽が死亡しているのが見つかり、検査の結果死骸などから高病原性の「H5亜型」の遺伝子だと判定された。これを受け同日中に1万6500羽の殺処分を開始した。

   新潟県では28日に関川村の養鶏場で20~30羽のニワトリが死亡しているのが見つかり、死骸などから同型の遺伝子が確認された。同県はこれを受け、29日から施設で飼育されている31万羽の殺処分を開始した。

   両県は対象施設周辺にある家畜飼育施設の鳥類の移動、移出を禁止するなど対策を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中