日ハム大谷、MVPもベストナインも受賞 二刀流論議を力でねじ伏せた

印刷

   2016年のプロ野球は大谷翔平フィーバーで幕を閉じた。パ・リーグのMVPに選ばれ、二刀流の大成功を印象付けた。新時代到来である。

   大谷のMVP得票は圧巻だった。記者投票で行われた選考は、有効投票数254のうち1位票(得点5)253。残る1票は2位(同3)。1位120票だったセ・リーグの新井貴浩(広島)の2倍を超えた。

  • 大谷受賞の快挙に各紙は大きなスペースをさいて報道した
    大谷受賞の快挙に各紙は大きなスペースをさいて報道した

勝負どころでの投球、打撃が光った

   MVP発表は11月28日だったが、記者投票はとっくに締め切られている。公式戦とクライマックスシリーズまでの結果で、日本シリーズの評価は含まれていない。大谷の日本シリーズでの活躍は、実は選考材料ではなかったわけで、投票記者はロングランの数字を評価したのである。

   大谷受賞は①投手成績②打者成績③注目度の合わせ技だと思う。

   今季の大谷は投手として21試合に登板し、10勝4敗(完封1)、投球回数140、防御率1.86。打撃成績は104試合、打率3割2分2厘、22本塁打、67打点。

   この成績は投手、打者の記録を個別に見ると、歴代の受賞者と比べ見劣りする。

   たとえば投手。「低い」といわれたのは14年の巨人・菅野智之(12勝)、12年の日本ハム・吉川光夫(14勝)、1999年のダイエー・工藤公康(11勝)がある。ただし、いずれも防御率のタイトルを獲得。「優勝に多大な貢献」と評価された。大谷は素晴らしい防御率だったが、規定投球回数を投げていない。

   打者だけの成績だと、打席382と少なく、規定打数に遠く及ばない。

   しかし、MVPは「優勝貢献」が高く評価されるタイトルで、大谷は勝負どころでの投球、打撃が光った。さらに165キロの剛球を投げ、ファンを大いに湧かせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中